運転資金の計算方法は?

運転資金の計算方法をわかりやすく図解してみた

運転資金の計算方法については、

 

運転資金額=売掛債権+棚卸資産−買掛債務

 

で計算されます。

 

でも何故この式で表されるものが運転資金になるのか、ちょっとピンと来ない方もいらっしゃると思いますので、もの凄く簡単に説明してみたいと思います。

 

まず、商品1,000万円を仕入れる為に銀行からお金を借りるとします。そうすると、下のような状態になります。

 

運転資金の計算方法

 

上のような状態から商品を仕入れます。わかりやすくするために仕入の代金はその場で現金支払いだったとします。

 

そうすると現金が商品に変わりますので下のような状態に変わります。

 

運転資金の計算方法

 

この場合の運転資金は当然1,000万円ですよね。

 

そこから商品が700万円売れました。その場でもらうなら、商品が700万円減って、現金が700万円増える事になりますが、今回は今月末に現金回収だとします。

 

そうするとそれは売掛金となりますので、下のような状態になります。

 

運転資金の計算方法

 

700万円が商品から売掛金に振替っただけで、右側の調達を見てわかるように、依然として運転資金は1,000万円です。

 

この場合の運転資金は、売掛金700万円+商品300万円=1,000万円です。

 

 

更に商品が売れて在庫が減ったので、また仕入を行いました。

 

200万円の商品を買いましたが、今度はその場で現金支払いとせず、来月末に支払うことにしました。

 

そうするとそれは買掛金となりますので下の図のような状態になります。

 

運転資金の計算方法

 

これを見れば、運転資金額=売掛金+商品−買掛金であることは一目瞭然かと思います。

 

買掛金は物を買ったけれどお金はまだ支払っていない状態の事なので、要するに仕入先からお金を借りているのと同じという事です。

 

実際には、運転資金額=売掛債権+棚卸資産−買掛債務です。受取手形や支払手形などを加えて計算します。

 

但し、この例では運転資金は1,000万円と計算されますが、

 

実際のキャッシュの動きは

 

@資金借入・・・・・・・・+1,000万円 
(現金残高1,000万円)

 

A最初の仕入・・・・・・−1,000万円
(現金残高0円)

 

B今月末:売掛金回収・・+700万円
(現金残高700万円)

 

C来月末:買掛金支払・・−200万円
(現金残高500万円)

 

となりますので、運転資金は1,000万円で足りる計算にはなります。つまり売掛金の回収が先で、買掛金の支払いが後の場合は運転資金1,000万円でOKです。

 

 

ところが、もし買掛金の支払が今月で、売掛金の回収が来月だった場合、既に現金残高0円ですから、買掛金の200万円は支払う事ができません。その場合、当初の1,000万円に買掛金支払の200万円をプラスした1,200万円が運転資金として必要となります。

 

 

運転資金額=売掛債権+棚卸資産−買掛債務で得られる金額は、上の例から言いますと、確かに今現在では売掛金と買掛金の順番がどっちだろうと、今現在の運転資金は1,000万円ですとしか言えません。

 

将来運転資金がいくら必要になるかは売掛債権や棚卸資産など予想を立てて、その見込みから算出する事になります。

 

広告

 

 

関連ページ

そもそも運転資金とは何か?
事業性融資の中の、運転資金についてです。そもそも運転資金とは何でしょうか?わかりやすく説明してみます。
正常運転資金とは何か?
正常運転資金とは何か?正常運転資金は運転資金の融資審査において一番大きなポイントです。金融庁の金融検査マニュアルに記載があります。