正常運転資金とは何か?

運転資金、正常運転資とは何か?

正常運転資金は一般的に、卸・小売業、製造業の場合、「売上債権+棚卸資産−仕入債務」であるとされています。(金融検査マニュアル・自己査定別表1)。

 

つまり、実際に借りている短期運転資金が正常運転資金よりも多いか少ないかが、融資審査の大きなポイントとなってきます。計算式ではわかりにくいと思いますので、図で説明してみましょう。

 

正常運転資金

 

正常運転資金=売上債権+棚卸資産−仕入債務

 

ですから、上の図の例ですと、

 

正常運転資金=1,000万円となります。

 

正常運転資金はあくまでも、貸借対照表作成した時点で必要な運転資金はいくらであったか?を示すものです。

 

正常運転資金の調達は計算上絶対的に必要なものですが、それが借入金になるのか?自己資金(資本金)になるのか?それは個々の企業によって違ってきます。

 

例その1 正常運転資金=短期借入金というパターン

 

正常運転資金

 

という状態だったとします。短期借入金は例えば手形貸付、当座貸越のように、1年以内に返さなければいけない借入金の事です。

 

上のパターンでは、正常運転資金1,000万円に対して短期借入金が1,000万円ですから、借入金は正常運転資金の範囲内に収まっている事になります。

 

銀行の考え方としてあるのは、「もしこの時点で商売をやめた場合、短期借入金は残らない」というものです。

 

流動資産とは1年以内に現金化できるもの、流動負債は1年以内に支払の期限が到来する債務です。

 

この時点で商売をやめたとしても、売掛金を回収して商品を全部現金化すれば、上の図の左と右は相殺できますよね。ですから正常運転資金の範囲内の短期借入金は、「もしこの時点で商売をやめた場合、短期借入金は残らない」事になります。

 

もちろん、短期借入金が正常運転資金よりも少ない場合も同様です。

 

例その2 正常運転資金<短期借入金というパターン

 

しかし、全ての企業が上のようなパターンかと言うとそうではありません。例えば下の図のような企業の場合。

 

正常運転資金

 

これはどういう状態かと言うと、例その1で示した考え方をした場合、もしこの時点で商売をやめた場合も短期借入金は残ってしまいます。

 

上の図の、短期借入金1,600万円を分解すると、下の図のように正常運転資金1,000万円+600万円=1,600万円になります。

 

正常運転資金

 

はみ出た600万円の事を、銀行では要利益償還債務と呼んでいます。

 

つまり短期借入金1,600万円の内、正常運転資金として認められる1,000万円については売掛債権と棚卸資産と相殺すれば短期借入金は残りませんが、1,000万円を超える600万円については相殺できません。

 

正常運転資金の範囲内については、売掛債権の回収、棚卸資産を売る事で返済ができますが、その全部を回収したとしても600万円の短期借入金は残る事になります。ではどうやってこれを返済するのかというと、この部分は利益から返済する事になるので、要利益償還債務と言います。

運転資金と審査のポイント

以上を踏まえて、銀行に運転資金としての融資を申し込む場合、まずは融資希望金額が正常運転資金の範囲内となるかどうか?が一つのポイントとなります。

 

正常運転資金を超える部分、例えば例その2の、正常運転資金を超えた600万円については運転資金に回っていない事になります。

 

運転資金に回っていないという事は、他の資産勘定に回っている事になります。それが現金預金である場合もありますし、土地、建物などの固定資産に回っている場合もあります。役員への短期貸付金などに回っている場合もあります。

 

大幅に正常運転資金を超える運転資金の申込だと、銀行員はちょっと警戒します。何か他の目的で申し込むんじゃないか?とかですね。役員への貸付金に使われたり、株などの投資資金に使われたりしないか?という事です。

 

もちろん、今後何らかの要因で受注が増えたりする場合は増加運転資金が必要になったりしますので、必ずしも正常運転資金の範囲内でないといけないか?というとそんな事はありませんが、その説明は求められますので根拠となる資料が必要となります。

 

金融庁、金融検査マニュアル別冊、事例20より抜粋

 

現時点の正常運転資金の算出については、債務者の業況や実態の的確な把握と、それに基づく今後の見通しや、足元の企業活動に伴うキャッシュフローの実態にも留意した検討が重要である。
出典 http://www.fsa.go.jp/manual/manualj/manual_yokin
/bessatu/y1-01.pdf

 

それと、短期借入金の内、正常運転資金からはみ出た部分は利益から返済しなければならない借入金と申し上げましたが、赤字だったりした場合はそもそも返済する源資がないという状態ですので、審査としてはちょっと厳しい見方をされると思います。

 

決算時点、あるいは試算表の正常運転資金が審査のベースとなります。それを上回る融資金額の申し込みの場合は、その理由について説明が必要となるでしょう。

 

広告

 

 

関連ページ

そもそも運転資金とは何か?
事業性融資の中の、運転資金についてです。そもそも運転資金とは何でしょうか?わかりやすく説明してみます。
運転資金の計算方法は?
運転資金の計算方法について。運転資金の計算方法は、売掛債権?棚卸資産?買掛債務と説明されていますが、どうしてそのような計算方法になるのか?