銀行員の運転資金についての考え方

運転資金について

事業性融資の中の、運転資金についてのトピックです。

 

運転資金とは何か?運転資金の算出方法などについて解説します。

銀行員の運転資金についての考え方記事一覧

ご商売をやっていらっしゃる方であれば、事業を回すのに運転資金は絶対必要であることは誰でもご存じと思いますが、ここはあえて釈迦に説法するようなつもりで運転資金についてわかりやすく説明してみたいと思います。運転資金とは一言で言うと、「事業を回していく為の資金」です。商品在庫を増やすための資金も運転資金ですし、給与や賞与を支払ったりするのも運転資金です。買掛金支払い、ガス、電気、電話料金の支払い、家賃や...

正常運転資金は一般的に、卸・小売業、製造業の場合、「売上債権+棚卸資産−仕入債務」であるとされています。(金融検査マニュアル・自己査定別表1)。つまり、実際に借りている短期運転資金が正常運転資金よりも多いか少ないかが、融資審査の大きなポイントとなってきます。計算式ではわかりにくいと思いますので、図で説明してみましょう。正常運転資金=売上債権+棚卸資産−仕入債務ですから、上の図の例ですと、正常運転資...

運転資金の計算方法については、運転資金額=売掛債権+棚卸資産−買掛債務で計算されます。でも何故この式で表されるものが運転資金になるのか、ちょっとピンと来ない方もいらっしゃると思いますので、もの凄く簡単に説明してみたいと思います。まず、商品1,000万円を仕入れる為に銀行からお金を借りるとします。そうすると、下のような状態になります。上のような状態から商品を仕入れます。わかりやすくするために仕入の代...