銀行員の設備資金についての考え方

銀行員が設備資金についてどうやって審査しているか?そのポイントとは?

事業を行うにあたって設備投資をしていく事は、事業を拡大する、或いは事業を維持するという点においてとても重要な事だと思います。

 

機械も定期的な更新をしていかないと効率が悪くなります。老朽化に伴って買い替えをしなければならない事もあります。事務所や店舗を増やしたい場合もあるでしょう。

 

設備と言っても、土地や店舗、工場などの不動産から、機械、車両、工具備品、什器など様々です。最近では野建ての太陽光パネルなどの融資申し込みも多いのではないでしょうか?

 

しかし設備投資は失敗すると事業の根幹を揺るがしかねない事態を招く時もあります。

 

設備資金融資のポイントについて、元銀行員が審査のポイントを説明したいと思います。

 

銀行員の設備資金についての考え方記事一覧

設備・・・と言っても、営業用車両の購入で100万円というものから、工場や診療所の新設で億単位になるものまで幅が広いですが、設備資金として銀行に融資を申し込んだ場合、銀行員がどこを見て審査しているのかを説明します。設備=固定資産です。銀行員が決算書をどうやって見ているかというトピックにも書きましたが、固定資産は本来、自己資本(純資産)で賄われている状態が理想であり、そうでなかったとしたら自己資本(純...

設備効果とは、その設備投資を行ったら財務上どのような投資効果が得られるか?という事であり、銀行員が設備資金融資を審査する上では大事なポイントです。設備投資で考えられるのは、・買い替え・増設です。例えば機械が老朽化して、買い替えをしなければならなくなり、また同じような機械を買うという事であれば、設備効果はほとんどありません。事務所が老朽化して建て替える場合でも、それにより売上高が増加する事はありませ...