銀行員は、粗利と棚卸資産の関係を必ずチェックする

期末在庫を増やすと利益が増える理由

一般的に、卸・小売業などの場合は売上原価、製造業の場合は製造原価、建設業の場合は工事原価を計算して損益計算書を作成します。

 

ここでは売上原価について例を挙げます。

 

粗利と棚卸資産の関係は必ずチェックされます【銀行員が見るポイント】

 

売上原価=期首商品棚卸+期中商品仕入−期末商品棚卸

 

です。

 

期首商品棚卸とは、期首の当初からあった在庫です。それと期中に仕入した分を足して、期末に売れ残った在庫を引くと、期中に売れた在庫の金額となります。

 

もし、上の図の例で、期中の売上高が2,000万円だったとします。

 

そうすると、売上高2,000万円−売上原価1,200万円=粗利800万円となります。

 

粗利は売上総利益とも言います。

 

粗利は売上高の何%であるか?を粗利率(売上高総利益率)と言いますが、粗利800万円÷売上高2,000万円=40%です。

 

 

 

上の図では期末の在庫が400万円ですが、もしこれが800万円だったとします。

 

そうすると、下の図のようになります。売上原価は800万円ですね。

 

粗利と棚卸資産の関係は必ずチェックされます【銀行員が見るポイント】

 

その場合、粗利はどうなるかと言うと、

 

売上高2,000万円−売上原価800万円=粗利1,200万円になります。

 

その場合の粗利率=粗利1,200万円÷売上高2,000万円=60%となります。

 

 

ここでわかるのは、期末在庫が400万円増えると、粗利も400万円増えるということです。

 

赤字だと銀行から融資を受けられなくなると考えて、期末在庫を水増し計上して利益が上がっているように見せかける、いわゆる粉飾決算でよく使われる方法です。

 

逆に儲かっていて、余分に税金を納めたくない場合は在庫を少なく計上するという手口が使われます。

 

銀行員は粗利と在庫の推移で粉飾を見抜く

本来、企業は特殊な要因がなければ仕入、販売のサイクルはあまり変化がありません。

 

例えば、上の例ですと、

 

売上高は2,000万円ですので、平均月商は2,000万円÷12か月=166万円になります。

 

期末在庫が400万円だとすると、

 

期末在庫400万円÷平均月商166万円=2.4か月

 

となり、平均月商166万円の2.4か月分の在庫を持っていた事になります。(棚卸資産回転期間と言います。)

 

この場合の粗利率は40%でした。

 

 

 

これが、上記の例のように、利益の嵩上げを目的として在庫の水増しを図った場合、期末在庫は400万円から800万円になりますので、

 

同じように棚卸資産回転期間を計算してみますと、

 

期末在庫800万円÷平均月商166万円=4.8か月

 

となります。

 

この場合の粗利率は60%でした。

 

 

 

通常、粗利が40%から60%に20%も増える事はそうそうないはずです。そして更に、今まで期末在庫が平均月商の2.4か月分くらいで推移していた企業が、4.8か月分の在庫を持っている事になると、それもあまり考えにくい事です。

 

銀行員が注目するのは、粗利が増加していて、且つ在庫が増加していないか?という事です。

 

もしそうなっていた場合、銀行員であれば、期末在庫を過大に計上し、利益が上がっているように見せかけているか、それとも在庫が不良債権化したか、そのどちらかではないかと考えるでしょう。

 

もちろん、粉飾ではない特殊要因があって、結果的にそうなるケースもあるでしょうが、恐らく銀行員はそのあたりについて質問してくるでしょうから、特殊容認についてははっきりと答えられるようにしておいた方が良いと思います。

 

期末在庫水増しの粉飾をやった場合、翌期がきついという理由

期末在庫を粉飾で水増しした場合、実は翌期に利益を計上する事が難しくなります。

 

何故かと言うと、期末商品棚卸高は、翌期の期首商品棚卸高となる為です。

 

上の例では、期末在庫400万円のところを800万円に水増しした場合の例を挙げました。

 

今度はその期末在庫がそっくりそのまま翌期の期首商品棚卸高になります。

 

わかりやすいように、翌期の仕入高が1,000万円、翌期の期末在庫が400万円、売上高2,000万円だったとします。

 

そうすると、売上原価は以下の様になります。

 

期末在庫400万円だった場合、翌期は下の図のようになります。
売上高2,000万円−売上原価1,000万円=粗利1,000万円
粗利と棚卸資産の関係は必ずチェックされます【銀行員が見るポイント】

 

期末在庫800万円だった場合、翌期は翌期は下の図のようになります。
売上高2,000万円−売上原価1,400万円=粗利600万円
粗利と棚卸資産の関係は必ずチェックされます【銀行員が見るポイント】

 

在庫水増しで粉飾した分については、翌期にしわ寄せが来ます。上の図を比べてみれば一目瞭然の事と思います。

 

この400万円の差をどうにかしたい場合は、また翌期の期末在庫を水増しすれば良いわけですが、そうなるとそれを延々と繰り返さなければならなくなります。粉飾は一度やると止められなくなる所以です。

 

私も元銀行員ですが、銀行員だったら異常な指標が出たらよほど間抜けでない限りは在庫水増しによる粉飾は見抜くと思いますので、粉飾はやらない方が良いでしょうね。苦しいなら苦しいなりに相談に乗ってくれると思いますし、正直に話した方が信用されますので。

 

広告

 

 

関連ページ

決算書が良いか悪いかはすぐに判別される
融資審査で決算書を銀行員はどう見ているか?良いか悪いかはすぐに判別されます。パッと見て良い決算書か悪い決算書か判断する方法があります。
減価償却が適切に計上されているかは必ずチェックされる
よく業績の悪い会社の決算を見ていると、減価償却費の計上が適切でないケースを散見します。減価償却費を計上しない事で一見利益がかさ上げされますが、銀行員は見抜いています。
融資審査の裏事情?自己査定と融資審査の関係@
銀行の融資審査は、まず信用格付を行い、債務者区分をし、その後に債権区分をして返済に懸念が少ない債権と懸念がある債権とを分類しています。それを簡単に説明してみます。
自己査定と融資の関係A 債務者区分、取引方針は同じ債務者なのに銀行によって違う
債務者区分や取引方針は、金融庁の金融検査マニュアルに則って行われているのに、同じ債務者でも金融機関によっての見方によって正常先になったり要注意先になったりするというお話です。