エコカー減税対象の自動車とは


エコカー減税対象の自動車というのは、燃費と排気の性能が、制定規準を満たしている車のことです。 エコカー減税で減税または免除される税金は、自動車取得税と自動車重量税です。

テレビCMだけでは、どんな車が減税されたり、いくらぐらい安くなるのか、というのが分かりづらいですが、 エコカー減税の対象となるのは、新車だけではなく、条件を満たしていれば、中古車でもちゃんと減税されます。

まず、電気自動車やハイブリッド車などの、いわゆる次世代自動車と言われているものに関しては、自動車取得税も 自動車重量税も免税となります。

2010年の燃費基準を25%達成している車は、自動車取得税と自動車重量税が75%減税されます。 2010年の燃費基準を20%か15%達成している車は、自動車取得税と自動車重量税が50%減税されます。

ただし、どちらの税金にも減税の適用期間があって、自動車取得税は2012年3月末まで、自動車重量税は 2012年4月末までしか減税されないので、エコカー購入を検討しているのであれば、早めに購入しましょう。

また、自動車税はエコカー減税の対象になっていませんが、グリーン税制が適用されるので、エコカーの新車を 買えば、購入した翌年の自動車税が軽減されます。